笑顔
c0015779_3342096.jpg


1週間が経ちました。

RIJFES07、参加してくれた皆様、DJ BOOTHに来てくれた皆様感謝です。

そして、フェスに携わった全てのスタッフの皆様に感謝です。

今年のDJ BOOTHはとにかく熱かったです。
実は熱中症寸前まで行きました、俺。
それほど熱かった。暑かった。

三日間。
疲れたけど、楽しかったし、沢山の笑顔に会えて。
本当に僕は幸せ者だと思いました。

7年前。
ひょんなきっかけで1時間半DJをやらせてもらって。
6年前。
レジデントDJという大役をやらせてもらうようになってから。
1年1年…。
積み重ね…。
沢山の出来事が繰り広げられる中。
これほどまでにDJ BOOTHというものが認知されるようになり。
フェスにかかせない場として機能するようになるなんて。
思いもよらなかった…。

あまりにも沢山の出来事が今年もあって。
書き記せばどれだけの文量になるのか怖いくらい。
なのでシンプルにね。
くどくならないように。

-----

今年は、何の因果か、三日間通して全ての日、花火の時間帯と自分のDJが被っていまして。
花火見たいなぁって思っていたんだけど見れなくて。
悔しかったんだけど。
でも、偶然も必然として。
僕はそういうことなんだろうかと思った。

DJは。
橋です。
架け橋。

音楽があり、人がいる。
ただそれだけの場所からDJ BOOTHで何が生まれ出るのか。
歓喜であり感動であり興奮であり感涙であり。
たくさんのおもいです。

その音楽と人の架け橋として僕はDJをやっているんだと。
改めて思いました。

たくさんの音楽を手にし。
フロアにいるみんなの期待を感じて。
音楽とみんなを繋ぐ。

橋。

それがDJのひとつのかたちだと思います。
僕の。

打ち上げられた花火はとても美しく。
しかし、一瞬のうちに消え去ってしまう。
でも、その瞬間の感動は決して消え去らない。

そんな、一瞬を出来るだけなんかいも。
たっくさん。
ほんの一瞬でもいいから。
その一瞬を大切に。

音楽と人が。
一瞬。
繋がって。

そこで何かが産まれれば
DJやっててて良かったと思うのです。

それをダイレクトに感じられるのが。
みんなの笑顔です。

でもその笑顔を僕は独り占めしたくない。

その笑顔。
大切にみんなの心に。
刻んでおいて下さい。

そして。
様々な場所で色んな人へその笑顔を見せて下さい。

笑顔だった自分のことを忘れないで。

僕はたっくさんの笑顔を見れる。
そんなかけがえのない立ち場に入れる僕は本当に幸せです。

みんなからもらった笑顔を。
大切にします。
そして、もらったぶんだけ。
倍返しするくらいの気持ちで。
もっともっと音楽を鳴らし。
人との繋がり。
架け橋としてのDJとして。

精進します。

ありがとう。

c0015779_3325546.jpg

c0015779_3332375.jpg

c0015779_3334393.jpg


“どの道も笑顔への橋と考えて”

中村一義 / 笑顔
c0015779_3211179.jpg

[PR]
by allisloveisall | 2007-08-12 03:40
<< 24時間テレビ Ben Thinks Litt... >>