ROCK IN JAPAN FES.2009 終了!

ROCK IN JAPAN FES.2009、終了致しました。
会場にリハーサルで前乗りした時点で、今まで無いくらいの寒さと、雨で、初年度以来、本格的に天候が荒れそうだなと思ったけど、蓋を開けてみれば、ほぼ、三日間快晴。凄すぎるよ。RIJFES。この天気の良さが9年も続くなんてね。

DJ BOOTHの最後の最後。片平君が忌野清志郎氏の「雨上がりの夜空に」をスピンして終了後。楽屋裏に戻るため外に出たら、雨が降ってた。まるで台本があるかのような天候。完璧に天気予報を度外視した三日間の空。なんとか我慢して我慢して。最後の最後まで我慢して。終わったとたんに我慢しきれなくなって泣き出したような空。こんな夜に発射出来ないなんて…。まさにそのまま。雨上がりの夜空そのままじゃないけど。生と死が表裏一体になっているような感覚が襲いかかりました。

改めて。
10周年という記念すべきフェスに来て頂いたみなさんと、各関係者各位、スタッフ、アーティスト、片平君、前田君。そして、音楽に感謝の意を捧げます。

俺にとって、9年目のフェス。未だに「保坂壮彦」と検索すると出てくる初年度のDJ BOOTHの模様(こちら)を見て、自分でもかなりの時間を歩いてきたのかなと思っています。だって、9年前のDJ BOOTHのタイムテーブルの紙が、やっつけでプリントアウトした、紙切れ一枚だもんね(笑)。そう考えると本当にフェス自体もそうだし、DJ BOOTHというあの空間が、時間を重ねるごとに大きくなって成長してきたんだなと。感慨深い気持ちになります。

それもこれも、本当に、音楽の力と、音楽と共に興じる今日を生きるみんながいるからなわけで。そのみんなが時代と共に、時間と共に、世知辛い世で生き続けるために音楽をより切実に自分の糧としているからなんだろうなと。心から思います。

唐突ですが。

今年は、言うまでもなく、音楽の世界で、様々な方の訃報がありました。

それを弔うかのように、ライブステージや、DJ BOOTHでも、鎮魂を祈るかのように、リスペクトを捧げるかのように、彼の彼女の音楽が、様々なアーティストやDJの手元から放たれました。

個人的に象徴的だったのは、100sのライブ。最後の最後に、中村一義から放たれた言葉、「愛しあってるよ!」という言葉。さらに、DJ TAKUMAが語った「死を美しくしてはいけない」という言葉と、忌野清志郎氏の「パパの歌」をカヴァーしたアコースティックの客演。または、DJ 岡田義徳が貫き通した、川村カオリさまに捧げるDJセットリスト。

なんかしみったれたことを語ってますが。
10年というフェスの歴史と、音楽の力の偉大さを体感してしまったのでありまして。
許して下さい。

所詮DJ、保坂というDJは、人が創った音楽を借りて、届けることしかできません。でも、その届けるという行為は、時空を超えて、届けることが出来る。それが出来るのがDJなんだなと感じました。時空というのは、先に語った、もう、二度と生を持って音楽を鳴らすことが出いないアーティストの楽曲を、俺が生きている限り、届けることが出来る。大それた言い方になってますが、許して下さい。

さらに、時空を超えるDJというのは、新たな出逢いや復活をも呼び込むのではないかとさえ思ったのです。もう、フェスでは定番の、DJハヤシ。彼は、数年前から、X-JAPANやら、筋肉少女隊やら、さらに、ユニコーンやらをスピンしまくり歌い上げていました。今振り返ると、そういったアーティストが活動を休止していた間も、彼らの音楽はDJという人間を通して、世に飛び交っていて。今年の象徴でもあった、ユニコーンのように、再結成して、新たに彼らの音楽が生まれ出るまでの架け橋のようなものにもなるということ。

なんか小難しいこと語ってますが。
ほんとに、10年というフェスの歴史と、音楽の力の偉大さを体感してしまったのでありまして。
許して下さい。

いやはや。

いつもだったらバカバカしい日記でも書く人間なんだけど、たまにはいいよね。

はぁ。

家に戻ったみなさん、元気ですか?
あ。
フェスは、非日常空間とよく言われますが、俺はそう思いません。全ての日は、今日の積み重ねで、フェスという日も、日常の一部です。特別に感じるけど、特別じゃありません。誰もがみな共有出来る音楽を、ひとつの場で十人十色の楽しみ方で、今日を楽しむ生活の一部として機能するのがフェスだと思っているので。夢物語や、逃避行のような感覚ではないのであると。俺はそういう感じです。

でもその今日というものは。
もう既に想い出になってるから。
素敵な今日を過ごしたな〜と。
心に刻んで。
明日からの。
自分の今日を。
日々を。
音楽と共に。
歩いて下さい。

僕も歩きます。

ありがとう。


愛しあってるよ!


保坂壮彦への感想はこちらへ!メール!

→クリック!




c0015779_1221660.jpg


c0015779_1223437.jpg


c0015779_1224716.jpg


c0015779_123133.jpg


c0015779_1232112.jpg


c0015779_1234124.jpg

[PR]
by allisloveisall | 2009-08-04 01:25
<< ROCK IN JAPAN F... 無事終了! >>